ご注文・お問い合わせ  0120-12-5643  [11:00~20:00 水曜定休]

オイリー肌


考えられる原因】

たとえば・・・
「頬はドライスキンでおでこはオイリーね」と、言われたとします。
では、将来、シミができるとしたらどちらだと思いますか?

・・・「頬」です。メイクで傷みやすいのも「頬」です。

おでこのように常にオイリー肌だとテカテカして気になるかもしれませんが、実は老化をしにくい肌だし、メイクの毒性を緩和してくれるし、本当はとてもありがたいお肌なのです。

全身の肌のうち、血管がたくさん集中しているところ、肌の表面近くに血管のきているところというのは栄養が豊富にくるので、お肌の新陳代謝は盛んでとても健康です。だから天然のクリーム=皮脂もたくさん出てつねに角質層を補強してくれています。

気になっても、オイリー肌は二つの意味で本当はとても幸せなことなのです。

たとえば、男性のお肌は女性よりお肌の老化が遅いですよね!それは、女性よりも皮脂が多いからです。暑い夏、いや蒸し暑い夏がくると、今まで以上に皮脂がたくさんでてメイクが崩れやすいというお悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。(これは、皮脂の問題ではなく使用されているメイク用品の方に問題があることの方が多いのです・・・。)

まず、考えて頂きたいのは、温度が上げれば当然皮脂も余分に出てくるものです。ごくまれではありますが、暑い夏でもないのに、メイクをしてから1時間ぐらい経つと、皮脂のためにメイクが崩れてしまう人がいます。困るのはこういう過度なオイリー肌です。


【改善へのポイント】

ビックリされるかもしれませんが・・・

●コールドクリームの脂(アブラ)を、お顔全体に押し込むようにしてマッサージ。古い皮脂の脂(アブラ)が溶け込みます。
すると、「これ以上、皮脂を出さなくても足りている」と、カラダが勝手に判断してくれて、皮脂の分泌を調整してくれるという生理機能が働くからです。

●化粧水
酸性化粧水で、肌にひきしめてあげましょう

●クリーム
メイクをされる場合は、必ず下地が必要になりますので、できるだけ薄く塗ってあげて必ずティッシュオフしてください。
ノーメイクの場合は、すでに天然のクリーム(皮脂)が、あるのでクリームをつける必要ありません。

5商品