ゼノア化粧品/ゼノア化粧料の通販サイト【ステラグレイ】 実店舗 町田

トップページ > ボディケア



ハミガキ 柿ん子

 

  商品についての問合わせ

  友達にメールでおすすめ

  レビューを書く(0件)

  お気に入りに追加


 ハミガキ 柿ん子

販売価格  : 
1,000円(税別)/消費税:80 円
(税別・送料別・手数料込)
ポイント数  : 
100ポイント
購入数  : 
  本



特長

歯みがき柿ん子は洗浄剤に石けんを用いた「歯みがき」です。
合成洗浄剤(ラウリル硫酸塩など・・・)や強いアルカリ(高濃度の石けん)は使用していません。お子様をはじめ、ご家族でお使いいただけます!

【小さなこだわり】
歯みがき柿ん子は使用感にもこだわった商品です!
甘味剤として、あまり使用されることないシラカバ由来の「キシリトール」を配合し、その性質を十分に活かしています。
お口の健康を考えて、清涼感や香りもよりシンプルに精油を使用しています。
歯みがきは口に含むものなので、よりよい原料を選択したいのです!

【歯磨きの科学】
たとえば・・・
ブラッシングした後、飲食すると「味が悪い、まずい・・・」といったことを体験したことはありませんか?
これは、味覚を感じとる「味蕾(みらい)細胞」に刺激が加わって「味覚」がそこなわれることがあるからです。
洗浄成分(合成洗浄剤)による洗いすぎも原因のひとつです。
また・・・
肌とは違い歯のエナメル質には再生能がないので、石けんであってもアルカリ度を低くしなければいけません。
ゼノアは、良いものであっても、極端にとらわれることなく肌やお口の健康のためにバランスをとりながら商品開発をしています。

【昔の風習から自然を応用する】
お寿司やお刺身に使う笹葉や杉の葉は植物のもつ天然の防腐効果を利用しています。
お酒を飲んだ後に番茶を飲んだりするのはアルコールなどをその渋に吸着させようとしたもの。
食後のお茶もその渋で口の中を引き締め、清浄し、虫歯を防ぐための自然に身についた生活習慣なのでしょう。
歯みがき柿ん子は、カキ葉(基剤)を配合することで、その渋(タンニン質)の特性を活かしています。
この風習、習慣は私たちに自然の有難さを教えてくれます。

全成分

水、炭酸Ca(基剤)、グリセリン(湿潤剤)、シリカ(増粘剤)、カキ葉(基剤)、石ケン素地(清浄剤) 、キシリトール(甘味剤)、キサンタンガム(粘結剤)、カンテン(基材)、スペアミント油(清涼剤)、ハッカ油(清涼剤)

成分説明

容量

80g

使用方法

@歯ブラシに適量つけ、歯や歯ぐきをよくマッサージしてください。

A水でマッサージするように歯の間や粘膜を繰り返しよくすすいでください。

Bご使用後は変質を避けるために、キャップをきちんと閉めてください。

※ キャップや歯ブラシが汚れることがありますが、植物(柿の葉末)の色ですからご心配いりません。

その他の商品
ビューティシールド
ビューティシールド
ハンドクリームα(2本入り)
ハンドクリームα(2本入り)
酸性パウダー
酸性パウダー